椎間板ヘルニアについて


40014-1_Fotor

治療メニュー料金

はじめての方へ

患者様の声

やつはし整骨院の施術について

症例

やつはし整骨院について

コラム

酸素オイル治療

湘南巻き爪センター

オンライン予約

クレジットカード

椎間板ヘルニアについて

腰痛や下半身の痺れの原因として、椎間板ヘルニアがあります。腰痛の中でもギックリ腰と同じく多くの方が患っている症状です。こちらでは椎間板ヘルニアについてご紹介致します。

椎間板ヘルニアとは?

まず腰痛とヘルニアでは痛みが起こる仕組みが違います。椎間板ヘルニアは、腰の骨と骨の間にある軟骨が飛び出て、そこにある神経を圧迫して起こる症状です。

ヘルニアとは「突出している状態」を意味します。椎間板が飛び出てしまった状態を「椎間板ヘルニア」と呼んでいます。椎間板ヘルニアの症状として「坐骨神経痛」がありますが、これは症状を表す名前で、病名ではありません。

どんな痛み?

末梢神経がヘルニアに圧迫された時、痺れが発生します。

ヘルニアがどんな状態に飛び出ているかによって、痺れる場所や症状が変化してきます。例えばヘルニアが神経を圧迫する部分が少ない場合には、太ももや臀部に症状が現れます。

背骨の真後ろに飛び出している場合には、左右に同時に症状が現れます。その症状は痺れや激しい痛みとなり、時には歩行困難を起こしたり座ることも厳しいような状態になります。個人によって痛みは異なり、ヘルニアになっていても痛みのない人もいれば、ナイフで足を刺されるような激痛だと訴える人もいます。

姿勢に気をつける

中腰で前かがみの姿勢や、長時間同じ姿勢を取り続けることはよくありません。例えば、朝起きて顔を洗うときの姿勢は腰に負担をかけてしまうので、軽く膝を曲げた状態になるなど、腰に負担がかからないようにすることをおすすめします。

柔らか過ぎるソファーやベッドは避けて、椅子には深く腰を掛けるようにしましょう。重いものを持つ時にはしっかりと腰を下げて、前かがみにならないように荷物を体に沿わせて持ちあげましょう。

寝る時には横向きで丸くなるような形で眠るのが腰には負担がかかりにくく、仰向けの時には膝の下に座布団などを丸くして置き、膝を曲げた状態で眠ると良いでしょう。

栄区近辺で整骨院をお探しなら、当院をご利用ください。
椎間板ヘルニアの方の辛い痺れや痛みに対処いたします。また、急性腰痛やギックリ腰といった腰のお悩みも当院にご相談ください。妊婦さんには早めの骨盤矯正をおすすめいたしております。様々な痛みの根本的な部分からの改善をご希望の方は、ぜひ当院にお任せください。

〒247-0005
横浜市栄区桂町728-1 セルディ本郷台103
TEL:045-443-5674

pagetop
オンライン予約